in statu nascendi

世田谷美術館

2009.3.7

構成・振付・出演:ボヴェ太郎
作曲・ピアノ演奏:原摩利彦

世田谷美術館のエントランス・ホールを、若手アーティストの実験の場にするシリーズ、 「トランス/エントランス」。第7回は、舞踊家・振付家のボヴェ太郎が登場します。 さまざまな〈力〉が行き交い、響きあう建築空間としてのエントランス。 そこに佇み、耳を澄ますように、ボヴェ太郎が踊ります。 ふだんは隠されている空間の〈力〉を、ひとつひとつ自らの身体に通して、 ダンスに織りあげてゆく……そんなひそやかな時間に、お立ち会いください。

照明:深瀬元喜
衣裳製作:砂田悠香理
主催:世田谷美術館

掲載:梨木香歩 著「不思議な羅針盤」(新潮文庫)
23章 「百パーセント、ここにいる」に本公演が登場します。
http://www.shinchosha.co.jp/book/125341/