implication

アイホール

2007.7.14–15

アイホールダンスコレクションvol.51
Take a chance project 017

implication─風景として響きあう空間と身体─

構成・振付・出演:ボヴェ太郎

《implication=含みあい》身体と空間の〈あいだ〉に広がる多様な関係性を、構築的に固めるのではなく、含みあい、越境しあう、流体的な関係として、まなざしてゆく試み。音や光の変化によって生まれる質感、微細に移りゆく空間のテクスチュア──。変容する空間の構造に身を啓くことによって、身体に刻まれた経験の記憶が編みなおされ“現出する”ムーブメント──。様々な感覚の交感を促す、濃厚な瞬間が折り重ねられてゆきます。

美術・衣裳:ボヴェ太郎、深瀬元喜
照明:深瀬元喜、ボヴェ太郎
音響:加藤陽一郎
舞台監督:澳義則
舞台監督補:大鹿展明
衣裳製作:砂田悠香理
音響操作:浜田留美
助成:財団法人地域創造
主催:伊丹市・財団法人伊丹市文化振興財団

implication ポスト・パフォーマンス・トーク
ボヴェ太郎×志賀玲子[アイホール・プロデューサー]
こちらからお読みいただけます